• 会社案内
  • 事業内容
  • 設計提案
  • 新着情報
  • リンク
  • お問い合わせ

建物の部位別改修提案

建築防水工事

創業以来、当社の柱として、永きに渡り技術ノウハウを培ってまいりましたメイン分野です。
気候が年々激甚化する中で、新潟県というもともと気候的に寒暖差が激しい厳しい外部環境の中で、建築防水が担う役割は日増しに重要なものとなっています。
従来のただ単に雨水の侵入を防ぐという目的から、近年は、建物の長寿命化や耐震性に関連した屋上防水層の軽量化、また遮熱や外断熱、緑化や太陽光パネルの併設など、付加価値を屋上防水に求める需要が増えています。
また建築物のストックマネジメントという観点において、屋上防水の定期的な修繕をいかに効率よく進めるかが今後大きな課題となりつつあります。
当社は、県内随一の防水施工実績から得られたノウハウ力と一流素材メーカーとのタイアップ力を強みに、お客様にとって最も効果的な御提案をさせていただきます。

関連する工法(工法のPDFがダウンロードできます。)

外壁修繕工事

近年、屋上防水分野と合わせて、増々、当社の実績が増加している分野です。
建物漏水原因の第一位は、外壁面よりの漏水という統計データがあり、特に長い海岸地域を擁する新潟県においては、冬場の季節風をはじめとした風を伴う降雨が、外壁からの漏水のリスクを高めています。
また単なる漏水のみならず、コンクリート構造物においては中性化、凍害、塩害といった各種の劣化要因もまた、外壁から進行することが多く、効果的な予防保全が必要となります。
更に、モルタル塗り面やタイル外壁面の劣化に伴う剥落事故等も増加しており、大事に至らない前の定期的な処置やメンテナンスが重要視されています。そして剥落事故においても、外壁面からの雨水の侵入が遠因となっていることが非常に多いのが現状です。

当社は防水専門業者という観点から、屋上防水のみならず、外壁面・タイル面に対して様々な効果的漏水防止・躯体劣化防止・剥落防止技術のノウハウを擁しております。最終的には、お客様の大切な建物の長寿命化と資産価値の向上をモットーに、効果的な提案をさせていただきます。

関連する工法(工法のPDFがダウンロードできます。)

土木分野工事

外壁修繕分野と同様に、近年、実績が増加している分野です。
土木構造物も建築構造物同様に、効率的・効果的かつ計画的なストックマネジメントが求められています。
しかも、建築構造物に比較して、土木構造物の耐用年数はより長期に渡る耐久性が求められ、その鍵を握る大きな一つが、土木構造物に対する防水技術であります。
当社は、新潟みなとトンネルをはじめとした大規模土木構造物の土木防水においても実績を重ね、技術ノウハウを培ってまいりました。
また近年においては、今後新潟県内において更に需要の拡大が予想される浄水・下水施設の各種水槽内面の修繕においても、修繕実績が増加しております。

関連する工法(工法のPDFがダウンロードできます。)

マンション大規模修繕工事

茂興業がマンション大規模修繕工事にてご協力可能な範囲をご説明します。

ご提案キーワードは…
  • ○建物ライフサイクルコストの低減
  • ○環境配慮
  • ○低騒音・低臭気
  • ○工期短縮
  • ○安全性の確保
  • ○外壁剥落防止
  • ○建物長寿命化
  • ○長期保証
  • ○躯体劣化防止
  • ○省エネルギー
  • ○CO2削減
etc…
屋上防水工事
屋上は普段上がることができない部位が多く、劣化が発見されにくい箇所のひとつです。排水溝が詰まって水溜りができていたり、防水層の剥がれや浮き、雑草の繁殖など、多くのトラブルが潜んでいる可能性が高いため、定期的な点検が欠かせません。屋上防水の修繕方法としてはウレタン防水、アスファルト防水、シート防水などがあり、既存の防水方法によって修繕方法を選択します。
外壁改修工事
外壁のひび割れやタイルの剥離等は放っておくと、突然剥落し大きな事故につながる恐れがあります。また、ひび割れから水が浸入し建物の劣化を早めます。このようなことを防ぐために、外壁改修工事でひび割れや剥落防止のための補修や美観維持のための塗装塗り替えなどを行います。
バルコニー改修工事・開放廊下改修工事
バルコニーや開放廊下は、日常生活の中でも頻繁に使われる場所であり、床部分の劣化及び損傷も顕著にあらわれます。床部分に水が溜まったり、水漏れにより下階とトラブルになるケースも見受けられます。改修工事の際は、頻繁に使用する場所のため、なるべく工期短縮できるような改修方法を選びます。またベランダ改修工事ではセキュリティ面にも気を配る必要があります。
シーリング工事
シーリングとはサッシ枠と壁、コンクリート接合部などに軟性のあるシーリング材というものを詰め込むことです。劣化すると右写真のように浮き上がったり亀裂が入り、水が浸入します。修繕工事におけるシーリング工事は、既存のシーリング材を撤去・清掃し、新たなシーリング材を注入します。
設計プランについて
近年の施工実績はこちら

屋上の有効利用

屋上には様々な有効利用の形があります。
○太陽光パネルを設置したい
○屋上を緑化したい などなど
お客様の様々な御要望を具体化できるプランを御用意いたします。
お気軽に御相談ください。

関連する工法(工法のPDFがダウンロードできます。)

  • 当社の特徴
  • こんなご相談にのっています
  • 当社取り扱い工法のカタログ
  • ご挨拶
  • 社員紹介
  • 施工実績の紹介

  • シゲルくん通信
  • 請求書様式ダウンロード(協力業者の皆様へ)